初秋の剣 大江戸定年組 風野真知雄

●初秋の剣 大江戸定年組 風野真知雄

 町方同心の藤村慎三郎、三千五百石の旗本夏木忠継、町人の七福仁佐衛門はそれぞれ隠居をし、息子に家督を譲った。仲の良い3人は景色の良い家を探し、そこを「初秋亭」と名付け、隠れ家とすることに。しかしただ景色を観ているだけでは飽き足らず、様々な厄介事を解決するために奔走し始める。以下の5編からなる。

 

「隠れ家の女」

 霊岸島の油問屋布袋屋の主人幸蔵が藤村の家を訪ねてくる。彼の妻おちょうが何者かにさらわれ、投げ文があったとのこと。3人はおちょうを探し始めるが…

 

「獄門島

 「初秋亭」のそばにあった柳の木が切られる。話を聞けば30年前にも2本あったうちの1本が切られ、今回残っていた1本も切られたとのこと。藤村は柳の木にまつわるとある突飛もない想像をし、二人に話す。二人は笑うが、藤村の想像に近い真実が浮かび上がってくる。

 

「げむげむ坊主」

 江戸の町で「げむげむ坊主」を名乗る願人坊主が現れる。藤村はその件で評判の悪い岡っ引き鮫蔵と出会う。そんな中、げむげむ坊主が祈祷した飲み屋のおかみが亡くなってしまう。おかみの体には弁天様の彫り物があった。その後、げむげむ坊主がやくざ者に刺され死んでしまう。鮫蔵と藤村はげむげむ教にはまだ裏があると推理する。

 

「雨の花」

 仁左衛門が辻斬りを目撃する。男は紫の傘をさしていた。後日、夏木も辻斬りの現場に遭遇する。夏木は飲み屋で繁田という面白い男と知り合う。夏木は妾から聞いた話で紫色の傘を表具屋が作っていることを知り聞き込みに。問題の傘は十返舎一九が作ったものだと判明、しかも重田がその十返舎一九だとわかる。一九の話から傘を持った人間が辻斬りにあっていること、辻斬りの理由も判明する。そして一九が襲われそうになるが…

 

「昔の絵」

 少女の死体が見つかる。現場近くで白い着物を着た人間と黒い着物を着た人間が目撃されていた。間も無く下手人が捕まるが、白い着物を着ていた。藤村は黒い着物を着ていた人間が気にかかり調べ始めるが、その頃売れていた絵の絵師歌川重春の絵が現場の絵とそっくりであることに気づく。そして彼と話すが、重春の考えに藤村は驚くことになる。

 

 「日常の謎」系のシリーズものを多く読んできて、読むものがなくなりつつあったため、久しぶりに時代小説のシリーズものを読むことに。時代小説のシリーズは数多くあるので少し悩んだが、定年者という点に惹かれこのシリーズを選んだ。

 時代小説の隠居ものといえば、藤沢周平の「三屋清左衛門残日録」という大傑作があるのでそれをイメージして読み始めたが、少しイメージとは異なった。まずz主人公が3人であるということ。3人は身分もバラバラであるため、様々な展開があるかと思ったが、どうも謎解きが主体となりそうな予感。つまり主役は元同心の藤村ということになるのだろう。

 一方で残りの二人、旗本の夏木は若い妾に翻弄され、町人の仁左衛門は若い妻を気にかけている。3人の選んだ「初秋亭」は魅力的で、3人揃って俳句を始めるのも興味深い。シリーズ第1作の本作は地味な展開だったが、シリーズはまだまだ続くようだ。どんな展開を見せるか楽しみながら読んでみたい。

 

リオ・グランデの砦

●501 リオ・グランデの砦 1950

 リオ・グランデの砦に指揮官を務めるヨーク大佐が先住民討伐から戻ってくる。そこにはシェリダン将軍が待っていた。大佐は将軍から労をねぎらわれる。そして大佐の息子ジェフが士官試験に落ちたことを告げられる。

 砦に新兵が配属される。その中には大佐の息子ジェフも入っていた。大佐はジェフに特別扱いはしないことを宣言、ジェフもそれを受け入れる。連邦保安官が殺人事件の容疑者タイリーを探しにくる。タイリーは新兵の中に混ざりこんでいた。

 ある日大佐の妻キャサリーンが息子ジェフを連れ戻すため砦にやってくる。大佐は妻や息子と15年ぶりの再会だった。南北戦争時代、大佐は上官の命令で妻の家の農園を焼き払ったため、家族との接触をせずにいたのだった。

 連邦保安官がタイリーを見つけ拘束する。しかし隙を見てタイリーは逃げ出してしまう。

 将軍は襲撃をしてはメキシコへ逃げる先住民に手を焼いていた。そのため大佐に法を犯すことになるが、メキシコへ渡り先住民を殲滅するように命令する。先住民との戦いの前に砦にいた女子供を避難させようとするが、先住民たちに襲われてしまい、子供達が拉致されてしまう。大佐は連帯を引き連れ、子供たちを奪回、先住民たちを殲滅しようとする。激しい戦いの末、大佐は負傷するが、子供たちの奪還に成功し砦に戻ってくる。ジェフが表彰される姿を大佐は妻と見守るのだった。

 

 「アパッチ砦」が今ひとつだったので、その続編である本作を鑑賞。しかし本作もやはり今ひとつという印象。「アパッチ砦」が史実に基づき、全滅してしまう戦いを描いたのに対し、本作は大佐となったヨーク(ジョン・ウェイン)の妻や息子との家族愛を描いたものであるが、正直ピンとこなった。

 シリーズ3部作を通じて騎兵隊の魂が描かれていたと思うが、「アパッチ砦」でも書いたように、現代日本にいる自分には騎兵隊の魂というのが正直よくわからない。うーん。

 本作では西部劇にもかかわらず?、劇中、大佐の妻や将軍のために、兵士たちが歓迎の意味を込めて歌うシーンがある。ちょっと珍しい?それでもこの時代の楽しみはこのような歌であるのも事実だったのだろう。これだけが本作を観たことによる収穫かな。

 

ちどり亭にようこそ 〜彗星の夜と幸福な日〜 十三湊

●ちどり亭にようこそ 〜彗星の夜と幸福な日〜 十三湊

 京都の仕出し弁当屋「ちどり亭」を舞台にした短編集の4作目にして完結編。店主花柚さんは20代半ば、毎週お見合いをしている。花柚さんに酔いつぶれた際に助けられた大学生彗太は店を手伝うことに。なぜか店に入り浸っている花柚さんの従兄弟美津彦さん、同じ大学に通うバイト仲間の菜月、花柚さんの昔の許嫁永谷総一郎、などが繰り広げる弁当屋での出来事の数々。以下の5編からなる。

 

「閉塞成冬、「冷や飯食い」と彗星の夜」

 ちどり亭に総一郎の祖母が訪れる。挨拶に出た彗太に祖母は、夫が入院して病院に詰めなくてはいけないので、1週間自分のために弁当を作って欲しいと頼む。しかしそれは彗太が店を引き継ぐことの試験でもあった。さらに祖母は冷たくなる弁当が大嫌いな人でもあった。

 ポイントは「冷たくなるお弁当をいかにして美味しく食べてもらうのか」

 

「麋角解、松風焼きと年の暮れ」

 花柚さん結婚準備のため週末は店を休むことに。その間彗太は松園さんの店を手伝うことになった。松園さんの店の前には彼のことを憎む安藤さんが住んでいた。彼は何かにつけ松園さんを敵対視していた。ある時松園さんは安藤さんが飼っている犬の散歩をしてくれないかと彗太に頼む。

 ポイントは「なぜ松園さんは犬の散歩を頼んだのか」

 

「東風解凍、脅迫状と味卵」

 ちどり亭のブログに脅迫文が届く。しかしそれはブログをやめろというおかしな内容だった。さらに相手は2月10日の弁当に味玉を入れろと言ってくる。彗太は脅迫文を描いてくる相手を推理する。

 ポイントは「なぜ店を辞めさせるのではなく、ブログをやめろと言ってきたのか」

 

「桜始開、サムシングパープルと幸福な日」

 花柚さんと総一郎の結婚報告のための食事会が催される。彗太や松園さんをはじめ、皆が食事会のための準備に奔走するが、前日になりメニューに使うはずの食材が届かないというアクシデントが発生する。彗太は花柚さんの考えていた代案ではなく、自分の考えで別の料理を作ろうとする。

 

「番外編十年後の弁当 ウィークエンドにいちごシロップ」 

 10年前、花柚さんが総一郎のために初めてお弁当を作った際のエピソードが語られる。しかしそのお弁当をひっくり返してしまったため、花柚さんはそのお弁当を総一郎には出さなかった。

 そして現在。桜狩りの日に花柚さんはそのお弁当を10年ぶりに総一郎のために作ることに。

 

 楽しみに読んでいたシリーズが完結してしまった。軽い気持ちで読み始めたシリーズだったが、本当に良いシリーズでここ最近読んだ中のベストだと思う。

 花柚さんと総一郎の婚約破棄から始まったがラストは大団円となる。彗太の成長も見られ見事な結末だったと思う。ラストの大団円もシリーズの中で語られていた「初めてのお弁当」の秘話も明かされたし。

 

 食事会の後で美津彦が語ったゲーテの格言

「国王であれ、農民であれ、その家庭に平和を見いだせる者が、もっとも幸せである」

も良かったし、

 花柚さんの「みんな」のためのお弁当と、「だれか」のためのお弁当

という言葉も良かった。

 

 個人的には七十二候を知ることもでき、今ではスマホに今日の七十二候がわかるアプリを入れている。京都の名所が出てきたり、料理に関わる様々な知識が出てきて、本当に勉強にもなった。

 4冊で完結するには惜しいシリーズだと思うが仕方ない。著者の新しいシリーズに期待したい。

 

ローマの休日

●500 ローマの休日 1953

 ローマを訪問中のアン王女は夜密かに屋敷から抜け出る。その頃新聞記者のジョーは友人たちと賭けトランプをして負けていた。夜の街を歩いていたジョーは道端で横になっている若い女性を助けるが、彼女が酔っており家が分からなかったため自宅に泊めることに。

 翌朝出社したジョーは新聞記事から女性がアン王女ではないかと疑い、上司に特ダネを取ってくると豪語、賭けまでする。家に急いで戻ったジョーは寝言から王女であることを確信する。ジョーの家を去る王女だったが、ジョーは彼女の後をつけ、友人のカメラマンアーヴィングを呼び出す。王女をローマ観光して歩き、夜王女が美容師から聞いたダンスパーティに参加する。そこには王女を探すSPたちがおり、王女は連れ戻されそうになるが、王女が反抗、ジョーたちも加わりパーティは大騒ぎになる。

 二人は川に飛び込み追っ手から逃げる。助かったとわかったジョーは思わず王女にキスをする。濡れた服を乾かすためにジョーの家に帰るが、王女は家に帰らなければと話し、ジョーは彼女を車で送って行く。

 翌日病気を理由に公務を断っていた王女が新聞記者たちの前に姿を現す。そこにはジョーとアーヴィングもいた。

 

 このブログで取り上げる500本目にふさわしい、言わずと知れた不朽の名作。

 金曜ロードショーで新吹き替え版を放送していたので思わず観てしまった。池田昌子さんという絶対的エースから引き継いだ早見沙織さんはなかなか良かったと思うが、グレゴリーペック役の浪川大輔さんはちょっとイメージと違ったように思う。どうしても「五右衛門」の声に聞こえてしまうし、少し渋過ぎでは?と言って適当な人が思いつくわけでもないが。あとは美容師マリオ。この人はどうしても広川太一郎さんの声を思い出してしまう。やはりあの人は天才だったんだなぁ。

 

若葉のころ

●499 若葉のころ 2015

 女子校生バイは母親ワンとコンサートに。そこで母親は男性客を見つめていた。

 バイは友人ウエンと仲良く過ごしていた。彼女たちをイエがいつも付いて回っていた。バイはピアノ教室の先生をしている母と祖母の3人暮らし。

 リンは建築家で女性キキと同棲していた。キキはリンと結婚したがっていたが、リンは態度をはっきりとさせなかった。

 ある日、野良猫に餌をあげていたバイと母親だったが、母親が交通事故にあい意識不明な状態となってしまう。母親ワンがリンに向けて書いていたメール。コンサートでの出来事が書いてあった。

 リンはキキと別れることに。リンは父親が怪我をしたと連絡を受け実家に戻る。自分の部屋でビー・ジーズのレコードを見つけ学生時代のことを思い出す。英語弁論大会でバイの母親ワンが1位、リンは2位になり次は負けないと宣言していた。しかしリンは次第にワンに惹かれて行く。

 バイもイエと仲良くなっていた。しかしある時、ウエンとイエが学校で仲良くしているのを見てショックを受ける。バイはPCに残っていたワンのリン宛のメールを送信、返事をプリントし、意識の戻らない母親に読んで聞かせる。

 リンは弁論大会の褒美として女性教師からビー・ジーズのレコードをもらう。そして歌詞を中国語に訳すように宿題を出される。歌詞を訳したリンはその文章を入れたレコードをワンに渡す。

 入院していたワンの病室に別れた夫がやってくる。祖母は追い返すが、バイは父親と食事を共にする。父親は積み立てていたお金の入った通帳と携帯電話をバイに渡す。

 バイはイエをラブホテルに誘う。そしイエの服を脱がし窓から捨てて逃げてしまう。後日問い詰めるイエにバイはウエンとのことで怒りを爆発させる。バイは父親からもらった携帯で父親に電話をかけるが、電話に出たのは父親の新しい家族の子供だった。ばいは嘆き悲しむ。

 バイはリンとメールのやり取りをし、二人で会うことに。

 リンはワンに告白の手紙を渡し喜んでいたが、学校で女性教師が男性教師と深い仲になっているところを目撃、カッとなったリンは男性教師を刺してしまう。そしてリンはワンに会いに行く。

 バイはリンと会う。母親が入院していることを告げ、リンを母親の部屋に連れて行く。そして学校へ。バイはリンから昔の母親のことを聞く。リンはバイに昔のワンの面影を見る。

 家に帰ったリンは思い出のレコードを持ち出す。その時、レコードジャケットの中からワンが書いた文章を見つける。それはワンがビー・ジーズの歌詞を訳したもので、彼女の想いが込められていた。

 

 先日NHKBSで「小さな恋のメロディ」が放映された。関係があるか分からないが、ネットで偶然この映画を知った。「小さな〜」で使用された名曲「若葉のころ」をモチーフにした映画、ということで観ずにはいられなかった。

 ストーリーは、現在女子校生の主人公バイと過去女子校生だったワンの恋物語が並行して描かれる。どちらも好きな相手に素直にその気持ちを表現できないもどかしさが上手に表現されていて、心地よい展開だった。

 しかしどちらの恋も障害が待ち受ける。現在のバイには親友が恋のライバルとなり、過去のワンには、リンが傷害事件を起こしてしまう、という展開。ラブホテルから父親への電話の流れは、観ていて本当に切なかった。

 どちらの恋も成就しないと思わせておいて、最後はリンが昔のレコードジャケットからワンの訳詞を見つけるというラスト。30年の時を経て、ワンの気持ちを受け取ったリン。そこで映画は終わり、美しいメロディと若者たちの映像で幕を閉じる。若い頃の切ない想いを見事に映像化しているといえるだろう。

 

 余談だが、映画のポイントとなる「若葉のころ」の歌詞の意味。初めて「小さな恋のメロディ」を観てから40年以上が経っているが、こんな意味だとは知らなかった。恥ずかしい(笑

 そしてバイと少女時代のワンを一人の女優さんが二役やっていた、というのも観終わった後にwikiで知った。どちらもあの年頃のキレイな女の子に適役だと思っていたが、まさか同一人物だとは。

 

若葉のころ(字幕版)

若葉のころ(字幕版)

  • ルゥルゥ・チェン
Amazon

 

アパッチ砦

●498 アパッチ砦 1948

 サースデイ中佐が娘フィラデルフィアとアパッチ砦に指揮官として赴任してくる。彼はこの異動を左遷だと受け止めていた。旅の途中、中佐は同じくアパッチ砦に赴任されるオローク少尉と一緒になる。フィラデルフィアとオロークは恋に落ちる。中佐は手柄を上げ中央へ戻る気であり、砦の下士官たちにも厳しく接する。

 ある日、オロークがフィラデルフィアと馬で遠出し、電線が切れている現場で修理係たちが死んでいるのを発見、砦に戻る。中佐はすぐにオロークたち少数に電線修理と遺体回収を命じる。そして自らは小隊を率い彼らの後を追う。オロークたちは先住民たちに待ち伏せされていたが、中佐たちの応援で撃退する。

 中佐は政府から派遣されたミーチャムの元へ。彼は先住民相手に非合法な商売をしており、それに反発した先住民たちが怒って襲撃をかけていたことが判明する。ヨーク大尉は先住民の指導者であるコチーズとの話し合いを提案、自ら通訳を連れコチーズの元へ行く。そして話し合いによる解決を取り付けて戻ってくるが、中佐は先住民たちを撃退すると宣言する。

 隊を率い先住民たちの元へ駆けつけたが、先住民たちは隊の4倍の兵力を持っていた。ヨーク大尉は中佐に話し合いをすべきだと進言するが、中佐は拒否。先住民たちに居留地へ戻らなければ攻撃すると宣告する。そして両者は戦いことに。圧倒的な兵力の前に隊は壊滅、最後まで指揮をとった中佐は戦死してしまう。ヨーク大尉は先住民たちに降伏する。

 オローク少尉はフィラデルフィアと結婚、ヨーク大尉が指揮官となる。

 

 一本前に観た映画がヒドかったので、「確実な」ジョンウェインの西部劇を観ることに。「騎兵隊三部作」(他の2本は「黄色いリボン」「リオ・グランデの砦」)の第1作と言われるものなので安心して観たが、残念ながらスカッとする、という感じにはいかなった。

 とにかくサースデイ中佐が頑固すぎる(笑 部下たちの進言は聞き入れず、娘の恋は許さない。態度こそ紳士的だが、左遷され手柄をあげるのみに頭が行ってしまっている。ここまではよくある「ダメな上司」パターンかと思ったが、ラストで新たに指揮官となったジョンウェインが中佐を褒め称えるのが、よく分からない。これが騎兵隊魂なのだろうか。ジョンウェインのセリフ、「彼は隊の名誉を守った」というのもよく分からない。だって全滅でしょ?何かを守るために自ら犠牲になった、というならわかるけれど。これが現代日本にいるの自分と西部開拓時代のアメリカ人の考え方の違いなのだろう。

 ヘンリーフォンダとジョンウェインの共演も自分にとってはちょっと驚き。しかもフォンダの方が上官でウェインが部下、という関係なのね。ビックリ。

 「黄色いリボン」も自分的にはちょっと評価が低い作品だったが、本作も同様。三部作のラスト「リオ・グランデの砦」はどうなんだろう。早速観てみたいと思うが。

 

 

古書カフェすみれ屋と悩める書店員 里見蘭

●古書カフェすみれ屋と悩める書店員 里見蘭

 古書カフェすみれ屋は玉川すみれがオーナー、店の奥は古書店になっており店長は紙野頁。カフェに来た客の悩みを聞いた紙野がその客に一冊の本をオススメしながら、客の悩みを解決していく「古書カフェすみれ屋」シリーズの第2作。以下の4編からなる短編集。

 

「ほろ酔い姉さんの初恋」

 店の常連客知穂さんが自分のブログを通じて知り合った松下と実際に会い酒を共に飲むことに。松下に好意を抱いた知穂さんだったが、飲み会以降彼からの連絡は途切れていた。その理由を知りたがる知穂さんに紙野は「古典落語(上)」を勧める。

 

「書店員の本懐」

 紙野が以前勤めていた書店で一緒だった堺が店にやってくる。彼は後輩の日向の仕事ぶりに圧倒され書店員としての自信を失っていた。紙野は彼に「脳の右側で描け」を勧める。

 

「サンドイッチ・ラプソディ」

 すみれは常連客であり出版社編集長の明美から新たなメニューとしてホットドッグを作ることを提案され受け入れる。一方カフェへパンを納入してくれるパン屋の主人大泉から、パン屋の常連客飯山さんの家の老婦人富代さんが話す「ジョーさんのハンバーガー」について相談を受ける。悩むすみれに紙野は「これでおあいこ」を勧める。

 

「彼女の流儀で」

 常連客中村さんから彼の恋人楓さんのことを相談される。家族に引き合わせ祖父母に気に入ってもらえるように和食料理を楓さんに作ってもらう予定でいたが、当日になり楓さんは全く異なる料理を出した。その理由を尋ねる中村さんに、楓さんは理由がわからないならしばらく距離を置こうと言われ彼は悩んでしまう。紙野は中村さんに「台所のおと」を勧める。

 

 前作が面白く、早速小説の中で紙野が紹介した「猫語の教科書」を読んでしまった。ということでシリーズの第2作。展開は前作と同様、常連客の悩みを紙野が一冊の本を勧めることで解決していくパターン。

 そして前作同様、1話目で勧める話が有名なもので、本作では「長屋の花見」。落語好きなので当然知っていたが、小説の謎との繋がりは正直ピンとこなかった。しかし知穂とお酒を飲んだ松下の態度があまりに不自然でそこで気づいてしまった。一杯目にハイボールを頼んだ人間が二杯目にビールは頼まないよ、普通(笑 確かに一杯目にビールを頼めなかった理由もわかるけど。

 2話目は、本当の謎よりも、書店で聞かれた、漱石の『いいん』の謎の方が面白かった。なるほどね。4話目の謎解きも見事。謎そのものも良いし、勧める本の内容もマッチしているし。3話目だけが、ちょっと強引かな。紙野は本の知識だけでなく、料理の知識もスゴいということになってしまうので。

 

 実在の本と謎のリンクはやはり面白い。続編にも期待。