完本 寺内貫太郎一家

●完本 寺内貫太郎一家 向田邦子

 寺内貫太郎一家の完全本。よくわからないが、TVドラマは39話あるのに対し、小説は全24話となっている。前回読んだ「寺内貫太郎一家」が12話でここまでが向田さんが発表した作品であるのに対し、後半の12話を追加して完本とした模様。後半はTVドラマのノベライズ化なのか?話数が合わないのがよくわからないが。

 しかしやはり冴えている。昔のドラマを懐かしむ番組などで、樹木希林扮するきんがジュリー(沢田研二)のポスターの前でジュリーと叫ぶ名シーンを何度も見たことがあるが、後半ではとうとうジュリー本人が登場する回がある。しかも脚本の見せ場、大ファンのきんがジュリーと絶妙に会えないシーンが続き、あーとこちらが思っていると最後に出会うことが叶う。しかしジュリー本人に会ったことを周りのみんなは理解してくれない、というオチがつく。ここでは回の冒頭でその伏線が張られていて…という仕掛け。

 向田さんの小説は登場人物の思いが思いがけない形で現れて周りの人間が慌てたり、後ろめたさがドラマの伏線になっていることが多かったが、この話ではコメディドラマの王道を行きながらも、しっかりとほろっとさせる話になっている。さすがに上手い。

 もちろん貫太郎一家としてのメインの話、静江の結婚話が後半のメインとなってきて、色々とありながらも、最後はめでたく結婚式となっていくのだが、そこも一筋縄ではいかず、静江の白無垢にミヨちゃんが…というエピソードでハラハラさせられる。一家それぞれが本音をぶつけ合う小説としてのハイライトとともなっている。しかし最後にいつもお調子者のきんがミヨちゃんの心境を語るシーンがあり、こちらも見事にほろっとさせられる。

 解説で爆笑問題の太田さんが書いているが、きんは向田さん本人のイメージとダブる。結婚がらみの話できんが結婚に関する昔から慣わしを語るシーンが随所に見られ、「結婚とは」に対する向田さんの思いが語られているようだ。

 

 向田さんの長編の小説はこれで終わりのようで、もっと読みたいと切望する。事故さえなければもっと傑作を書いてくれた人であったと思うと今更ながら本当に残念。

 

忠臣蔵

●184 忠臣蔵 1958

 有名な話なのでストーリーは省略。

 

 映画やドラマなどで何回も映像化されているので、エピソードの取捨選択が一つの鍵となると思う。この映画で初めて知ったことや気になったことを何点か。

 浅野内匠頭切腹が庭で行われるが、これが罪人と同じ扱いというのは知らなかった。確かにどの映画やドラマでも庭で切腹しているからなぁ。

 内匠頭の殿中騒ぎまでも映画の時間という制約がある中で良く描けていたと思う。しかし役割の最終日での出来事というのは知らなかった。あとちょっと我慢すればよかったのに(笑

 内蔵助たちが赤穂城を渡すか立てこもるのかの場面。他のドラマなどで見た記憶もあるが、内蔵助の一言が効いた場面が良かった。ここは長谷川一夫の見せ場。他にも他の同士の反対意見の中、内蔵助の一言が皆を黙らせる場面があり、見所か。

 京都一力茶屋に吉良側の間者がいたというのは初めて見たエピソードだと思う。史実がどうだったかはわからないが、確かにありそうな話。

 瑤泉院との別れのシーンも有名な場面だが、内蔵助の残した手紙を間者が手に入れようとして発覚し、残された手紙が実は血判状だった、と知れる場面。実は血判状だと発覚するのに、間者が関わるのは初めて見た。これは他の映画やドラマでも使われているのかしら。

 

 いずれにしろいわゆる「豪華スター共演」の大作。最近見た雷蔵さんも出ているし、勝新鶴田浩二も若く、なるほどなぁと感じる。しかし一番驚いたのは、吉良側の兵部を演じていた小沢栄太郎さんかなぁ。犬神家の弁護士としてしか知らなかったけど、こんな重要な役所をする俳優さんだったんだ。これも知らなかった。

 

100万ドルの血斗

●183 100万ドルの血斗 1971

 1909年テキサスに9人の悪漢たちがやって来る。フェインをリーダーとする彼らはジェイコブ牧場を襲い、息子のジェイクを誘拐、身代金100万ドルを要求する手紙を置いていく。

 一家の女主人マーサは、旦那であるジェイコブに手紙で助けを求める。彼がやって来て身代金を持って犯人たちとの交渉に行こうとするが、マーサの息子たちであるジェームズやマイケルは車やオートバイを使う警備隊の一員となり、犯人たちの先回りををする計画を立てる。ジェイコブは昔の仲間であるサムを呼び、身代金を運び役目となる。

 警備隊たちは待ち伏せに良い谷へ向かうが、既に犯人たちに待ち伏せをされており、銃撃戦となる。マイケルのオートバイが犯人たちの馬を逃がそうとし、それに気がついた犯人たちが逃げたことで、警備隊は全滅をまぬがれる。そこへジェイコブが到着、ジェームズとマイケルを連れ、犯人たちとの交渉に向かう。

 道中、野宿をしている彼らの元にフェインが現れ、エスコンデロに行き指示を待て、また彼らが大金を運んでいることは町中の噂になっているので狙われている、しかしどのような理由があれ、金がなければ息子は殺す、と告げ去って行く。

 彼らはエスコンデロの街に到着、金を狙う連中をうまくおびき出し、全員を射殺する。そこへフェインの使いがやって来る。皆を連れて犯人たちのアジトへ連れていくが、金を貰ってもおかしな動きをすれば仲間の一人が息子を狙っていて殺す、と脅される。ジェイコブたちはライフルの名手マイケルを単独行動させ、ジェイクを狙う狙撃手を狙わせる。

 アジトに着いて犯人たちとの戦いが始まる…

 

 ジョン・ウェインの実ファミリーが総出らしい。ストーリーとしては、孫を誘拐されたウェインが犯人たちを倒しに行く、という単純明快なもの。息子役も孫役も本当の子供、孫のようだ。

 大筋のストーリーはわかりやすいが、何点か疑問も残る。ウェインは10年近く家に帰っていない(子供たちとも会っていない)というのがセリフからわかるが、離婚した訳ではないらしい。なんだそれ?というのが一つ目。

 ウェインが道中いくつかの場面で名前を名乗ると、チョイ役や脇役が死んだと思っていた、というくだりがある。がその説明はない。なんだそれの二つ目。

 冒頭牧場が襲われるが、ジェイコブ一家のお手伝いなど何人かが殺される。子供も含め。ちょっと残酷なシーンに写るが、最後の犯人たちとの戦いでは、ジェイコブの昔からの先住民仲間サムと愛犬がナタで殺されるシーンでは、それを直接描写していない。冒頭のは射殺なので良くて、ナタはNGなのか、がなんだそれの三つ目。

 まぁウェイン引退5年前の作品だから(前にも書いたような気がするが)、ウェインのやりたい放題の映画なのかなぁ、というのが正直な感想。

 

ドリームガールズ

●182 ドリームガールズ 2006

 デトロイトの街でオーディションを受ける3人娘、ディーナ、エフィ、ローレル。彼女たちのグループ、ドリーメッツの歌は観客に受けるが、カーティスが工作をし、優勝は別の人間となる。彼は歌手ジミーのコーラスを探しており、3人をコーラスとして採用すると告げる。彼女たちはジミーとツアーに出る。

 エフィの兄がジミーのために新しいイメージで曲を作り、カーティスがそれをジミーに売り込む。ジミーはそれを気に入り、それまでのマネージャであるマーティはジミーの元を去ることに。

 新曲をレコードとして売り出すが、白人歌手にパクられてしまう。カーティスは自分の中古車会社にあった車を全て売り金を作り、ラジオ局のDJを買収し、自分たちの曲をラジオで流れるようにする。そして彼らの曲は大ヒットする。

 カーティスは彼らをマイアミの舞台に挑戦させる。その後、ドリーメッツはジミーのコーラスをやめ、単独でショーをすることに。名前もザ・ドリームズとなる。しかしカーティスのアイデアでメインボーカルはエフィからディーナとなることに。ドリームズの曲はビルボードで1位となる。

 しかしエフィはレコーディングの場でメインボーカルでないことから問題を起こし、とうとうTV番組の収録中に飛び出してしまう。

 大晦日のショーが間近に迫る。エフィはリハーサルにやっとあわられるが、そこには新しく3人目となるミシェルがいた。エフィは文句を言うが、皆許さずカーティスはエフィにクビを告げる。

 ドリームズは大成功し、ディーナは映画出演することに。しかし彼女はその役を演じることに自身がなかった。エフィは子供を連れ職探しをしていた。歌うことしかできない彼女は元ジミーのマネージャ、マーティの元を訪ねる。

 ジミーとドリームズはカーティスに内緒で自分たちが歌いたい歌をレコーディングし、カーティスに聞かせる。しかし彼はイメージに合わないと反対する。自分の歌いたい歌が歌えないことを知ったジミーは麻薬に手を出してしまう。

 エフィはマーティと店で歌うためにテストを受ける。そこでもワガママを言うエフィにマーティは最後のチャンスだと説得する。エフィは見事に歌い上げ、店で歌うようになる。

 カーティスのレコード会社の10周年のパーティが行われる。パーティ前にローレルはジミーに結婚を迫る。しかしうまく誤魔化されてしまう。奥さんが会場に来ていることを知ったジミーはまた麻薬に手を出して舞台に。そこで自分勝手に歌い、衣装も脱いだことで、カーティスからクビを言い渡される。

 ディーナはカーティスに内緒で映画出演の交渉をする。またエフィの兄は自分の作った曲を勝手に変えられたことに怒り、会社を辞める。そこへジミーが麻薬の大量摂取で死亡したとニュースが入る。

 エフィの兄はエフィに会いに行き、曲を書いたので歌って欲しいと申し出る。その曲で再デビューを果たすエフィだったが、それを知ったカーティスはドリームズにその曲を歌わせ、DJを買収する。

 カーティスとディーナは食事をしていた。彼は彼女の映画出演の話を問いただし、契約上できないと言われる。彼女は会社の書類を探し、エフィとも連絡を取る。そしてエフィたちが会社に乗り込んできて、エフィは全国デビューできることに。

 ディーナはカーティスの元を去ることに。そいてドリームズも解散、最後のコンサートが開かれるが、そこにはエフィの姿もあった…

 

 ミュージカルとは知らなかった。歌はよく聞いていたけど。

 有名な曲の歌詞をうまく繋げてストーリーにしたって感じがする。だからハマる場面はハマるがそうでないと違和感がハンパない。エフィがメインボーカルから降りるのを皆で説得する場面は後者で、エフィが再度歌うために店で歌うシーンは前者か。最後にビヨンセが一人でレコーディングする曲もストーリーにバッチリハマっているが、ハマりすぎて彼女のPVのようになっているのが残念。

 「ラ・ラ・ランド」との違いは、そこかな。あちらはセリフが歌になっていても本当に違和感がなかったので。でもよくできた話だと思う、ってほぼ実話なのね。

 

寺内貫太郎一家 向田邦子全集 第四巻

寺内貫太郎一家 向田邦子全集 第四巻

 子供の頃TVドラマでやっていたのは知っているし、ちょっと前にBSで再放送していたのも知っている。しかし一度も見たことはなかった。まさかこのドラマが向田さんの原作だったとは。

 昔を懐かしむTV番組などで、ドラマそのものを少し見たことがあるので、どの役を誰がやっていたかはすぐにピンと来た。読んでいる最中も、セリフはその人が言っているように読むことができた。

 当時のアイドルが出ていてそれが売りのコメディドラマだとばかり思っていたが、内容は向田さんらしい本音がムキ出しになっているストーリーだった。樹木希林のきん小林亜星の貫太郎も家族に対してその言葉や態度は容赦がない。しかし本当に言うべきことを言うシーンがあり、笑いの中にも涙あり、というドラマになっている。

 なぜ梶芽衣子がビッコなんだろう、なぜ浅田美代子の母の1周忌が祭りの日なんだろう、と他の小説同様その組み合わせに疑問を抱きながら読んでいくことになるが、いかにも向田さんらしい組み合わせであることがわかってくる。

 いやぁドラマ見たいなぁ。この原作にない話はどんな話になっているんだろう?

 

わかる古事記 日本を読もう

●わかる古事記 日本を読もう 村上ナッツ

 古事記本2冊目。阿刀田さんの本もわかりやすかったが、こちらは大きなエピソードごとに章分けし、章の扉として登場人物を漫画化、そのキャラを使ってストーリーの骨子を説明する、というさらにわかりやすくした本。

 古事記は多くの神様?が登場し、しかもわかりにくい名前の登場人物が多いので、漫画化されたことで、とてもわかりやすく、頭に入ってきやすかった。また、別章での登場人物についても簡単に脚注をつけることで、振り返りもしやすく、人物同士の相互関係がすんなり理解できた(と思う)。

 いやぁ、これこそ古事記入門書としてうってつけの一冊。

 

ミリオンダラー・ベイビー

●181 ミリオンダラー・ベイビー 2004

 昔ボクサーだったスクラップとともにボクシングジムを経営するフランキー。彼らのジムにマギーという女性が現れ、フランキーにトレーナーになって欲しいと熱望するが、彼は断る。それでもマギーはジムで練習を重ねる。

 ある時フランキーがトレーバーをしていたウィリーがフランキーとのコンビを解消し他のマネージャーと組んでタイトル戦を行うことになる。スクラップはフランキーの育て方が過保護だと主張する。フランキーはスクラップのボクサーとしての最後の試合に立ち会っており、試合を止めなかったことを後悔していたのだった。

 ウィリーがジムを去った後、フランキーはマギーのトレーナーになることに。彼の忠告を聞き、マギーは選手としての力をつけて行く。試合を望むマギーにフランキーはマネージャーを紹介する。マギーは試合に臨むが、観戦していたフランキーはマネージャーの意向を無視しマギーにアドバイスを送る。マネージャーは怒り、マギーの元を去る。フランキーがマギーのマネージャーとなり、デビュー戦を白星で飾る。その後もマギーは連戦連勝、クラスを上げていっても同じだった。対戦相手がいなくなり、階級を上げることに。そこでも彼女は連勝を続ける。タイトル戦の話が持ち上がるが、フランキーは慎重だった。

 スクラップがマギーにチャンピオンになりたいならフランキーと組むのはやめろと忠告し、ウィリーのマネージャーになったサリーを紹介する。しかしマギーは彼と組むことを拒否する。フランキーはイギリスでの試合を受ける。そこでも勝ったマギーはヨーロッパで連戦、連勝する。

 貧しく育ったマギーはファイトマネーで母親と妹のために家を買う。しかし母は家ではなく金が欲しいと話し、マギーを落胆させる。

 そしていよいよタイトルマッチに臨むことに。相手は反則も厭わない危険な相手だった。マギーが優勢で試合が進むが、ラウンド終了後に相手がマギーにパンチを打ち、マギーは椅子で頭を打ってしまう。それが元でマギーは全身不随となる。

 病院で治療を受けるが、回復の見込みはないと診断される。マギーの家族が訪れるが、彼女に書類にサインをさせようとする。マギーはサインを拒み、家族を病室から追い出す。

 マギーの足は壊死し始め、足を切断することになる。マギーはフランキーに死なせて欲しいと頼む。フランキーは断るが、最後には彼女の安楽死の手助けをし、去って行く。

 

 前半は主人公マギーが31歳だったこともあり、女性版ロッキーか、と思わせるような内容だったが、ラスト45分は一気に話が急展開し、別の世界を見せる。安楽死尊厳死については様々な意見があるが、この映画のストーリーではマギーがその選択をするのは仕方ないと思えた。それをイーストウッドが支持しているのかどうかは知らないが。

 確か「グラン・トリノ」の中でも、神父との会話が意味を持つシーンだったと思うが、今回の作品も同じ。冒頭から神父とフランキーの会話が挿入されるが、最後に来て重い意味を持つことになる。この映画の尊厳死自体がアメリカで論争となったとあるが、彼はやはり宗教そのものに対する何かを持っているんだろうなぁ。

 しかし主演のヒラリー・スワンクの演技には驚かされた。ダメな感じのボクサーが一流になっていく様もすごかったが、ラストの全身不随になった後の演技もそのものズバリに見えたのは凄い。調べたら、アカデミー賞を2回も受賞してる女優さんなのね。そりゃそうだよなぁ。