白鶴ノ紅 居眠り磐音江戸双紙 佐伯泰英

●白鶴ノ紅 居眠り磐音江戸双紙 佐伯泰英

 磐音シリーズ第48作。季節は夏から年明けまで。田丸輝信無断外出、最上紅前田屋店開き、秋世の奉公と家治死去、意次老中罷免と磐音鎌倉へ、お代の方江戸へ。

 前作に引き続き、意知亡き後の田沼意次の様子が描かれつつも、磐音の周りの人々について話が進んでいく。その中には意外な人物。

 一人目輝信。辰平と利次郎が去った道場でのひと騒動。二人と同時期に入門した輝信が自身の生き方に疑問を持ち無断外出外泊をする。同じ嫡男ではない同士の兄と久しぶりに会い会話することでまた道場に戻る決心をする。そして早苗との恋。

 二人目奈緒。江戸に出てきた奈緒がこれまでの経験知識を活かし紅屋を開く。吉原との関係もありこれが大当たり。奈緒の江戸での生活が安泰となる一方で、磐音たちとの交流も日常的なものになる。

 三人目秋世。これまでも名前は上がっていたが、登場人物として動き始めたのはここが初めてだと思われる武左衛門の次女秋世。奈緒の店開きを手伝い、結果的にそのまま店に奉公することに。武左衛門の4人の子供たちはここ数作で次々と奉公に出ることになり、武左衛門が寂しがることに。

 四人目お代の方。鎌倉の寺で尼となっていたお代の方。3年が過ぎ磐音たちが迎えにいくことになる。ここで奈緒の店の紅が藩主実高からの贈り物として使用される。

 

 意次からの刺客は相変わらず磐音たちを襲うが、流れ者の浪人クラスで歯ごたえはない。そしてとうとう家治が死去し、意次は老中を罷免され、屋敷も奪われる。それでも意次の力は完全に削がれることはなく、まだまだ戦いの終わりではない。ただ意次の狙いが松平定信にも向けられ始めている。

 本作でも著者によるあとがきがあるが、やはりシリーズの結末をどうするのかを悩んでいるとの言葉がある。前作でも書いたが、田沼意知死去の後、シリーズが停滞している感が否めない。田丸輝信や秋世、もっと言えば奈緒の江戸の店の話も本当に必要だっただろうか。シリーズのファンとしては奈緒の登場は嬉しいし、奈緒が普通に磐音たちと会話している姿も喜ばしいが、望んでいたのはこんな場面だったか?別に磐音との恋が再燃して欲しいとは思わないが(笑 なんか違うような気がするなぁ。

 シリーズも残り3冊。どこに向けて話は進んでいくんだろう。

 

荒野の決闘

●313 荒野の決闘 1946

 アープ兄弟が牛追いをしている。ワイアット・アープがクラントン親子に声をかけ、牛の水飲み場と街の場所を尋ねる。クラントンはトゥームストーンの街を教え、牛を安く買おうとするが、ワイアットはカルフォルニアに売りに行く言いと断る。

 アープ兄弟は野宿をする。末弟ジェームズは恋人へのプレゼントとしてペンダントを買っていた。牛の世話をジェームズに任せ、残り3人の兄弟はトゥームストーンの街へ行く。

 ワイアットが理髪店に入ると酔っ払った先住民が騒ぎを起こしていた。保安官も及び腰になっていたため、ワイアットは自ら先住民を取り押さえる。ワイアットは保安官になるように頼まれるが断る。

 兄弟が牛の元に帰るとジェームズが殺され牛が盗まれていた。街に戻ったワイアットは保安官になる。ワイアットが酒場でカードをしていると店の女チワワがイカサマをするのに気づき、彼女を店から追い出す。その時ドクが街へ帰ってきて店に顔を出す。ワイアットはドクと話をし、兄弟も交え一緒に酒を飲む。

 街では芝居が演じられようとしていたが、主役が不在だった。ワイアットとドクは酒場に主役を連れ戻しに行く。クラントン兄弟が主役を拉致していたが、ワイアットは彼らを倒し主役を連れて行く。

 トゥームストーンの街へ美女がやってくる。彼女はクレメンタイン、ドクを探していた。夜クレメンタインはドクと対面するが、彼は東部に帰るよう彼女に言い、出ていかないのなら自分が出て行くと話す。ワイアットはドクにお節介を焼くが、ドクは酒をあおるだけだった。ワイアットは彼を殴り部屋に寝かしつける。

 街では協会が建設されようとしていた。

 チワワがドクの部屋を訪ねる。ドクはメキシコに行くつもりだと話し、チワワを一緒に、と誘う。

 クレメンタインは街を出て行こうとしていた。それを見かけたワイアットが声をかける。その時教会の鐘の音が聞こえ、クレメンタインとワイアットは礼拝に行くことに。教会の建設現場では、建設を記念してダンスパーティーが開かれていた。皆が踊るのを見ていた二人だったが、ワイアットがクレメンタインをダンスに誘い一緒に踊る。

 その後食事をしていた二人の元へドクがやってくる。クレメンタインに対し怒るドクだったが、ワイアットが街を追い出す権限はないと言い放つ。ドクは街を出て銀行の金塊輸送の仕事を始める。

 それを知ったチワワがクレメンタインの部屋に乗り込み、一緒にメキシコに行けるはずだったのにと罵る。そこへワイアットがやってくる。彼はチワワが殺されたジェームズが恋人に買ったペンダントをしているのに気づく。彼女にどうやって手に入れたか聞くと、チワワはドクにもらったと答える。

 ワイアットはドクの元へ行く。決闘となるが、ワイアットはドクの銃を撃つ。二人はチワワの家へ。ペンダントのことを聞くと、チワワはビリー・クラントンからもらったと話す。その時ビリーがチワワを銃で撃ち逃げる。ワイアットの弟バージルが彼を追う。

 チワワは手術が必要だったが、医者はいなかった。そのためドクが手術することに。

 ビリーは家に逃げ帰るが、バージルの銃弾を受けていて死亡する。バージルもクラントン家を訪ねる。そこでビリーの死亡を確認するが、その際クラントンに撃たれ死亡してしまう。

 チワワの手術は無事成功する。酒場で一息入れたワイアットだったが、クラントン一家がバージルの死体を店の外に投げ出し、OK牧場で待っていると言い残して去る。

 ワイアットは弟モーガン、ドク、街の仲間2人を連れOK牧場へ。撃ち合いが始まり、ドクが撃たれるが、クラントン一家の息子たちは全員射殺する。ワイアットはクラントンに苦しめと話しそのまま行くように言う。しかしクラントンは最後に反撃しようとしたため、モーガンが射殺する。

 ワイアットは街を去る。見送りに来たクレメンタインは街に残り教師になると話す。ワイアットはクレメンタインに別れのキスをし去って行く。

 

 西部劇の古典。これが全ての原点なんだなぁ。

 一見反発しそうな二人の男の友情。画が浮かぶ音楽。牛追い。酒場。ポーカー。美女。男に惚れる娼婦。どうしようもない悪役。最後の決闘。そして切ない別れ。

 特にこの映画では、ヘンリー・フォンダ演じるワイアットの「品」が良かった。クレメンタインをダンスになかなか誘えないもどかしさ。ラストの別れのセリフ。

 このブログで西部劇は50本ほど観てきたが、さすがの1本。

 

 

失意ノ方 居眠り磐音江戸双紙 佐伯泰英

●失意ノ方 居眠り磐音江戸双紙 佐伯泰英

 磐音シリーズ第47作。季節は春から夏。弥助藪之助供養と土子順桂道場へ、北尾重政道場居候と霧子山形へ、卜部忠道ひな道場へ、卜部忠道ひなとの戦い、田沼意次との対面と北尾重政の尚武館夏景色六態。

 

 前作で田沼意知が斃れ、磐音が翻意し、シリーズの流れが変わった。さてどうなるのか、と注目の本作だったが。

 意知が襲撃された日に城内に潜んでいた弥助が、仕方なく倒した元の仲間藪之助の供養に旅立つ。そして弥助はそのまま山形に向かう。それを知った霧子も山形へ。店が潰れ借金取りに追われている奈緒を助けるために。

 中盤から後半でのメインは道場での話。久しぶりに登場した北尾重政が悪漢たちから逃れるために道場に居候を始める。道場の風景を眺めていた重政は巻末で尚武館夏景色六態なる絵を描きあげる。道場にいる女性たちがモデルである。

 もう一つの道場話は、卜部忠道と孫娘ひながひなの婿探しと称し道場破りにやってくる。一陣は追い返したものの、再度訪れた二人を磐音が倒す。

 最後は、意知の墓参りをした磐音が意次と対面する。二人が直に対面するのはシリーズの中で初めてか。短いながら言葉も交わす。意次は最後まで戦う意思を見せる。

 

 磐音の翻意でどうなるかと思って注目して読んだが、やはり少し肩透かしを喰った感じがする。磐音が生涯最大の敵と考えている土子順桂が道場に現れたり、意次と初めて対面したり、とまだまだ戦いが続いていくことが描かれるのは当然だしよくわかる。

 しかし、卜部忠道と孫娘ひなは何者だったのか(笑 登場した意味がよくわからない。田沼一派とも関係ないとのことだし。うーん、謎。

 一方で重政の尚武館夏景色六態の絵や奈緒が最後に山形藩の参勤交代に紛れて江戸にやってくるのは、ラストに向けた話としてわかるし、ホッとさせられる。

 失礼な言い方だが、佐伯さん50巻での終わりを目指しているとインタビューなどで言ってきているので、本作はちょっと無理無理のばした感があるような気がする(笑

 次作に期待。

 

弓張ノ月 居眠り磐音江戸双紙 佐伯泰英

●弓張ノ月 居眠り磐音江戸双紙 佐伯泰英

 磐音シリーズ第46作。季節は引き続き春。1784年3月24日早朝の様子、同朝と弥助藪之助、意知襲撃、佐野善右衛門取り調べと意知死去、磐音の翻意。

 田沼意知が殺害される日がやってくる。その日の早朝や朝の磐音とその仲間たちの様子が淡々と描かれる。異変を感じている者にはいつもとは違う、そうでない者にはいつも通りの朝。

 そして第3章で意知が襲撃される。事件が起こった時の周りの人々の様子がリアル。江戸時代になり約200年弱が経過しているこの時、目の前で刃傷沙汰が起きてもすぐに動けず、慌てふためく姿が描かれている。作品内でも書かれているが、現場にいても何もできなかった人々が後にそれを理由に罰せられたらしい。罰する側の論理もわかるが、何もできなかった側の気持ちもよくわかる。

 大事件の裏で弥助が本作一番の活躍を見せる。佐野善右衛門が使った刀を密かに奪い磐音の元へ持って帰る。松平定信の刀での刃傷沙汰だというのを隠すため。この活躍の裏には、弥助が親子同然に思っていた同業の藪之助と戦わざるを得ない場面もある。

 だが本作の見せ場は最終章。磐音が田沼父子への仇討ちを翻意する。そこに至るには亡き養父玲圓との会話や前作での金兵衛からの言葉もあった。そして磐音は辰平と利次郎に仕官への道を取ることを勧める。

 最大の敵であった田沼父子の一方が倒れ、シリーズはどのような最後に向かっていくのか。ここに来て奈緒の登場場面も増えてきている。あと5巻、どうなるのか。

 

空蝉ノ念 居眠り磐音江戸双紙 佐伯泰英

●空蝉ノ念 居眠り磐音江戸双紙 佐伯泰英

 磐音シリーズ第45作。季節は引き続き春。河股新三郎道場に、お杏江戸へ、お杏松平家訪問と番太一造の活躍、道場での辰平お杏祝いの席、松平定信邸動向と河股新三郎との戦い。

 前作で田沼一派に拉致されてしまった辰平が本作でも中心となる。福岡箱崎屋次郎平が娘お杏を連れ江戸にやって来る。前作まで辰平が婿入りを強要されたらどうするかと皆が心配していたが、次郎平は全くそのような考えは持っておらず、さらに福岡藩での仕官話まで持ち上がる。もちろん利次郎の時と同様、辰平も磐音たちが田沼一派との争いに決着がつくまでは、という断りを入れる。

 一方ここに来て田沼一派とは関わりのない剣豪がまた登場。河股新三郎、肱砕き新三と異名をとった古剣豪だが、すでに高齢で病にもかかっている。今更感のある感じだったが、最終章でその登場理由が明かされる。意外性はあったが、必然性はあまりなかったような(笑

 一番の見せ場は、おこんの父金兵衛の言葉か。若い者を巻き込んで田沼父子を退治したところでその先どんなことが待ってるんだ、という言葉。この突然金兵衛が発する言葉が重い。史実との兼ね合いもあるだろうが、このセリフを磐音に言うことができる人物は金兵衛しかいない。登場人物たちそれぞれに見せ場がある中、金兵衛がさすがの一言か。

 松平定信周りが慌ただしくなる最終章。1784年3月23日で幕を閉じる。いよいよ次作で大事件が起きる、はず。

 

湯島ノ罠 居眠り磐音江戸双紙 佐伯泰英

●湯島ノ罠 居眠り磐音江戸双紙 佐伯泰英

 磐音シリーズ第44作。季節は春。佐野善左衛門暗殺妨害とおすな弟五十次、闇読売2枚と利次郎土佐藩仕官ならず、道場剣術試合と五十次関前藩船へ、利次郎関前藩指南役と辰平失踪捜索、辰平小伝馬町牢屋敷からの救出。

 前作で怪我から復帰した霧子が早活躍を始める。田沼意次と磐音の周りを「ちょろちょろ」している佐野善左衛門に暗殺の危機が迫り、それを弥助とともに妨害する。その暗殺者の一人が、おすなの弟五十次。39作で読売と手を組み一儲けをしようとしていたあの弟。そう言えば39作終わりで弥助も霧子も読売の店に潜入したが、次作40作では全くそのことに触れられていなかった。この五十次の話が前半の中心か。読売も世に出回ることになる。

 後半2章は、なんと辰平が拉致されてしまう話。登場人物たちの会話にもあるが、もう道場の中でも高弟となった辰平が簡単に拉致されるはずはなく、皆がその敵を訝しがあるが、なんと奉行所の人間であることが判明する。この探索に力を発揮、見せ場を作ったのが、南町与力の笹塚。上司にあたる南町奉行牧野との会話は、脇役ながら最後の見せ場となったか。

 霧子が怪我をしたり、辰平が拉致されたり。ラストに向けて、敵の攻撃も手段を選ばないようになって来た感じ。そして舞台は1784年。大きな事件が起こるはずだが。

 

怒りのガンマン/銀山の大虐殺

●312 怒りのガンマン/銀山の大虐殺 1969

 駅馬車がヒラベントの街に着く。街には賞金首のフィリップを賞金稼ぎたちが狙っており、駅馬車から降りないように言われる。しかし馬車の乗客の一人クレイトンは平然と街の酒場に向かう。フィリップは賞金稼ぎたちと撃ち合いを始め、クレイトンのいる酒場に逃げ込む。クレイトンはフィリップを撃ち、その死体を引きずりながら賞金稼ぎたちの前に出て行く。賞金稼ぎたちはフィリップの死体を渡すようにクレイトンに言うが、彼は聞き入れず撃ち合いに。ダイナマイトを使おうとする賞金稼ぎの元で死んでいたはずのフィリップがダイナマイトを奪い爆発させ、その隙に馬に乗って逃げる。

 賞金稼ぎたちはフィリップを追うが、彼はうまく巻いて逃げる。駅馬車は次の街は向かい、クレイトンも乗車する。その馬車にフィリップが乗って来る。フィリップはサクソン一家の父親を殺した殺人罪として死刑宣告を受けていたが、彼は殺していないと主張、脱獄を図り、3000ドルの賞金がかけられていた。

 駅馬車はシルバーベルに到着する。夜フィリップは寝ているクレイトンの銃を奪いクレイトンを脅すが、クレイトンも負けていなかった。翌朝馬車が爆破され、賞金稼ぎたちに包囲され、賞金稼ぎたちがフィリップを連れて行く。クレイトンはあとを追う。

 賞金稼ぎたちはフィリップを拷問にかけ、金脈の場所を吐かせようとしていたが彼は答えなかった。クレイトンは彼を助け出すが、フィリップはクレイトンの馬を奪いサクソンシティーに行ってしまう。

 サクソンシティーではサクソン一家が街を牛耳っていた。無抵抗の老人をアダムが射殺する。そこへフィリップが駆けつけ、アダムを人質にし、アダムの兄で保安官をしているイーライに会いに行く。そこでフィリップは改めて無実を主張する。イーライは父が殺害された時の状況を思い出す。

 街に駅馬車が到着、クレイトンもその中にいた。フィリップは保安官事務所を出て、サクソン一家と撃ち合いになる。その最中にフィリップは仲間に金脈の場所を教え仲間と行くように告げる。

 クレイトンはイーライと酒場で話をする。彼もイーライに父親を殺したのはフィリップではない、と話し、父親は正面から撃たれたが、フィリップは後ろにいたことを告げる。イーライは酒場を出て手下にクレイトンを殺すよう命じるが、手下は逆にやられてしまう。イーライは殺人罪でクレイトンを捕まえようとするが、酒場にいたアダムの婚約者が正当防衛だと証言する。

 フィリップはクレイトンの宿部屋に来て、サクソンの前で証言するように脅し彼を連れて外に出る。外にはフィリップの父を殺したポールが待っており、二人は決闘をしフィリップはポールを倒す。ポールは死の間際、金脈に行った仲間は皆殺しにされていると告げる。

 金脈を探しに行ったフィリップの仲間たちは、アダムによって皆殺しの目にあっていた。

 酒場でクレイトンはサクソン一家のボス、デビッドと話し合う。彼はクレイトンにフィリップを連れて街を出れば金を払うと言うが、クレイトンは断る。その時店の外にフィリップがやって来る。彼は金脈で殺された仲間たちの死体を馬車に積んでやって来ていた。フィリップは撃たれてしまう。クレイトンも仲間と見なされ、サクソン一家と撃ち合いに。

 翌日フィリップの絞首刑が執行される。その場にクレイトンが現れ、サクソンの父を殺したのはフィリップではない、やったのは自分だ、しかしあれは罪を犯した男の処刑だったと話す。そしてサクソン一家の3人と決闘をすることに。

 クレイトンは3人を倒し、フィリップの元にはアダムの婚約者がやって来る。

 

 うーん、なんだかよくわからないストーリーだった。リー・ヴァン・クリーフを観るためだけの作品?って感じなのか。西部劇もこのころの作品になると、ストーリーをひねり過ぎていて、よくわからない(笑

 サクソン父を殺したのがクレイトンなら、どうして最初からそれをフィリップに言わなかったのか?犯人がクレイトンと知っていたサクソン家の長男デビッドはなぜそれを兄弟に告げなかったのか?あぁそれは銀山のありかを知っているフィリップを殺人犯に仕立てて、銀山を己のものにするためなのか。あぁやっと今わかった(笑

 他にもアダムの婚約者が最後にフィリップを心配してやって来る理由も?だし。そもそもフィリップが撃った銃の弾を葉で受け止めるリー・ヴァン・クリーフはどうなのよ(笑

 BGMがキルビルで使用されたことがこの映画を有名にしたみたいだけど。

 なんか(笑 ばかりになってしまった。

 

 

怒りのガンマン 銀山の大虐殺 MWX-205 [DVD]

怒りのガンマン 銀山の大虐殺 MWX-205 [DVD]

  • 発売日: 2017/11/27
  • メディア: DVD