本 2024

殺しの双曲線 西村京太郎

●殺しの双曲線 西村京太郎 トラベルミステリーで有名な西村京太郎の、トラベルミステリーではない初期作品。 冒頭に「この推理小説のメイントリックは、双生児であることを利用したものです」という著者からのメッセージが記される。 事件発生 東京。酒店に…

昭和の焼きめし 食堂のおばちゃん14 山口恵以子

●昭和の焼きめし 食堂のおばちゃん14 山口恵以子 佃にある「はじめ食堂」は、昼は定食屋、夜は居酒屋を兼ねており、姑の一子と嫁の二三が、仲良く店を切り盛りしている。店の二人と客たちの中で起きる様々な出来事を描いた短編集。以下の5編からなる。 ラー…

薬は毒ほど効かぬ 薬剤師・毒島花織の名推理 塔山郁

●薬は毒ほど効かぬ 薬剤師・毒島花織の名推理 塔山郁 ホテルマン水尾爽太は、薬をもらいに行ったどうめき薬局で薬剤師毒島と出会う。奏太は毒島たちと伊豆の宿へ泊りに行く。そこで五月女という男性と知り合うが、意外な事件に巻き込まれることに。 以下の3…

春期限定いちごタルト事件 米澤穂信

●春期限定いちごタルト事件 米澤穂信 小鳩常悟朗と小佐内ゆきは船戸高校の1年生。ふたりは小市民を目指しているのだが、なぜかふたりの前には謎が現れる。常悟朗は推理などしたくないが、その謎を解くことを迫られてしまう。 以下の5篇からなる短編集。 羊の…

いまさら翼といわれても 米澤穂信

●いまさら翼といわれても 米澤穂信 神山高校の折木奉太郎は、姉の勧めもあり、同級生である千反田える、福部里志、伊原摩耶花たちとともに古典部に入部する。奉太郎は自身の身の回りで起こる不思議な事柄の謎を解いていき、いくつかの事件を解決する。2年生…

本所おけら長屋 外伝 畠山健二

●本所おけら長屋 外伝 畠山健二 前作20作で第一幕が完了した「おけら長屋」シリーズの外伝。主要なキャラたちのエピソード0が語られる。 馬鹿と外道は紙一重 万造と松吉が同じ日におけら長屋の住人になる。意気投合した二人は早速賭場へ出かけるが、そこで八…

初夏の春巻 食堂のおばちゃん13 山口恵以子

●初夏の春巻 食堂のおばちゃん13 山口恵以子 佃にある「はじめ食堂」は、昼は定食屋、夜は居酒屋を兼ねており、姑の一子と嫁の二三が、仲良く店を切り盛りしている。店の二人と客たちの中で起きる様々な出来事を描いた短編集。以下の5編からなる。 未練のカ…

ふたりの距離の概算 米澤穂信

●ふたりの距離の概算 米澤穂信 神山高校の折木奉太郎は、姉の勧めもあり、同級生である千反田える、福部里志、伊原摩耶花たちとともに古典部に入部する。奉太郎は自身の身の回りで起こる不思議な事柄の謎を解いていき、いくつかの事件を解決する。2年生にな…

遠まわりする雛 米澤穂信

●遠まわりする雛 米澤穂信 神山高校1年生の折木奉太郎は、姉の勧めもあり、同級生である千反田える、福部里志、伊原摩耶花たちとともに古典部に入部する。奉太郎は自身の身の回りで起こる不思議な事柄の謎を解いていき、いくつかの事件を解決する。奉太郎高…

逆説の日本史1 古代黎明編 井沢元彦

●逆説の日本史1 古代黎明編 井沢元彦 以下の5章からなる。 序論 日本の歴史学の三大欠陥 第一章 古代日本列島人編-日本はどうして「倭」と呼ばれたのか 第二章 大国主命論-「わ」の精神で解く出雲神話の〝真実〟 第三章 卑弥呼編-女王殺害と紀元二四八年…

クドリャフカの順番 米澤穂信

●クドリャフカの順番 米澤穂信 神山高校1年生の折木奉太郎は、姉の勧めもあり、同級生である千反田える、福部里志、伊原摩耶花たちとともに古典部に入部する。奉太郎は自身の身の回りで起こる不思議な事柄の謎を解いていき、いくつかの事件を解決する。そん…

嘘だらけの日本古代史 倉山満

●嘘だらけの日本古代史 倉山満 これもAmazonのお勧めで紹介された1冊。図書館で探してみたのだが。 図書館HPでの紹介文に 教科書に騙されている! 最初の女性天皇は推古天皇、「魏志倭人伝」は真実、聖徳太子はいなかった、「大化の改新」はなかった、聖武天…

愚者のエンドロール 米澤穂信

●愚者のエンドロール 米澤穂信 神山高校1年生の折木奉太郎は、姉の勧めもあり、同級生である千反田える、福部里志、伊原摩耶花たちとともに古典部に入部する。奉太郎は自身の身の回りで起こる不思議な事柄の謎を解いていく。 文化祭を控え、古典部では文集を…

あきない世傳 金と銀13 大海篇 高田郁

●あきない世傳 金と銀13 大海篇 高田郁 五鈴屋として吉原での衣装競べに出るが優勝はできず。それでも幸は菊栄と新店舗を開き、力造が吉次のための新色を生み出すなど、商売は順調に伸びる。そんな中、新店舗が二重に売られていたことが発覚、店を閉めること…

氷菓 米澤穂信

●氷菓 米澤穂信 神山高校1年生の折木奉太郎は、姉の勧めもあり、同級生である千反田える、福部里志、伊原摩耶花たちとともに古典部に入部する。奉太郎は自身の身の回りで起こる不思議な事柄の謎を解いていくが、そんな奉太郎を見たえるが彼にある謎を解いて…

あきない世傳 金と銀12 出帆篇 高田郁

●あきない世傳 金と銀12 出帆篇 高田郁 五鈴屋江戸本店10周年を迎え、寄合では呉服太物仲間としての届け出を出すことも決まる。幸は呉服店として復活するために家内安全の柄や呉服切手を使うことに決め、全てが良い方向に運び始めたが、組合の認可のために高…

探偵はバーにいる 東直己

●探偵はバーにいる 東直己 ススキノで探偵をしている俺は、北大の後輩原田誠から、いなくなってしまった恋人諏訪麗子の行方を調べて欲しいと依頼される。調査を始めた俺は麗子がラブホテルで起きた殺人事件に関心を持っていたことを知り、その事件の調査を始…

あきない世傳 金と銀11 風待ち篇 高田郁

●あきない世傳 金と銀11 風待ち篇 高田郁 江戸本店8周年の日にお梅と梅松の結婚式が行われる。年が明け江戸が大火事に見舞われる。幸は寄合で仲間に型染めの技術を教え、火の用心の柄を売り出すことに。一方、音羽屋の陰謀で綿が買い占められたり、歌舞伎が…

さよならの夜食カフェ マカン・マランおしまい 古内一絵

●さよならの夜食カフェ マカン・マランおしまい 古内一絵 路地裏にあり見つけにくいマカン・マランはドラァグクイーンであるシャールが営む夜食カフェ。そこに様々な悩みを持つ人間が客として訪れる。 以下の4編からなる短編集。 さくらんぼティラミスのエー…

きまぐれな夜食カフェ マカン・マランみたび 古内一絵

●きまぐれな夜食カフェ マカン・マランみたび 古内一絵 路地裏にあり見つけにくいマカン・マランはドラァグクイーンであるシャールが営む夜食カフェ。そこに様々な悩みを持つ人間が客として訪れる。 以下の4編からなる短編集。 妬みの苺シロップ 弓月綾はコ…

あきない世傳 金と銀10 合流篇 高田郁

●あきない世傳 金と銀10 合流篇 高田郁 力造が考案した新たな染物で浴衣を作ることに。白子の誠二が江戸にやってきて、賢輔が花火の図柄を考案する。五鈴屋隣の三嶋屋を菊栄が買取り、後にそれを五鈴屋に売る。川開きの日、船に乗った湯屋仲間が揃いの浴衣を…

サンドの女 三人屋 原田ひ香

●サンドの女 三人屋 原田ひ香 ラプンツェル商店街にあるルジュール。三姉妹が営むこの店は朝昼夜で形態が変わる。朝は三女朝日が喫茶店を、昼は次女まひるがうどん屋を、夜は長女夜月がスナックを営んでいる。この店の常連と三姉妹が織りなすドラマが描かれ…

あきない世傳 金と銀9 淵泉篇 高田郁

●あきない世傳 金と銀9 淵泉篇 高田郁 行方不明だった結は型紙とともに音羽屋へ。そして忠兵衛と結婚をすることに。梅松が型紙を作り直し、五鈴屋と音羽屋は同時に十二支の小紋染めを売り出すことになり売り上げを伸ばす。しかし武家に反物を売ったことで呉…

准教授・高槻彰良の推察 呪いの向こう側 澤村御影

●准教授・高槻彰良の推察 呪いの向こう側 澤村御影 青和大学文学部の深町尚哉は少年の頃不思議な体験をし、それが基で他人の嘘を聞き分ける能力を持ってしまう。大学で民俗学Ⅱを受講した彼は、准教授高槻彰良からレポートの件で呼び出され、高槻の調査に同行…

女王さまの夜食カフェ マカン・マランふたたび 古内一絵

●女王さまの夜食カフェ マカン・マランふたたび 古内一絵 路地裏にあり見つけにくいマカン・マランはドラァグクイーンであるシャールが営む夜食カフェ。そこに様々な悩みを持つ人間が客として訪れる。 以下の4編からなる短編集。 蒸しケーキのトライフル 西…

あきない世傳 金と銀8 瀑布篇 高田郁

●あきない世傳 金と銀8 瀑布篇 高田郁 江戸店が勝負をかけた小紋染めが売れ安泰かと思えたが、江戸の街を麻疹が襲い物が売れない日々が続くことに。幸と結は音羽屋と知り合い、結は音羽屋に見初められる。麻疹が治り一息つく幸だったが、お上から高額の上納…

三人屋 原田ひ香

●三人屋 原田ひ香 ラプンツェル商店街にあるルジュール。三姉妹が営むこの店は朝昼夜で形態が変わる。朝は三女朝日が喫茶店を、昼は次女まひるがうどん屋を、夜は長女夜月がスナックを営んでいる。この店の常連と三姉妹が織りなすドラマが描かれる。 5編から…

あきない世傳 金と銀7 碧流篇 高田郁

●あきない世傳 金と銀7 碧流篇 高田郁 江戸店が開店、帯結びを教える場を設けたことで顔馴染みの客が増える。その中の一人で指物師和三郎の姉、才。彼女の夫力蔵が染物師であることを幸は知ることに。武家のための小紋染めを町人のためにと思いついた幸は型…

多摩湖山荘殺人事件 藤原宰太郎

●多摩湖山荘殺人事件 藤原宰太郎 トリック研究家の久我京介は腸捻転で入院する。そこへ亡くなった妻の妹美知子が事故で亡くなったと美知子の娘平田妙子から知らせが入る。乗っていた車が事故にあい死亡したもので、運転手は助かったが、それは夫の連れ子であ…