名探偵に乾杯 西村京太郎

●名探偵に乾杯 西村京太郎 ポアロが最後の事件「カーテン」で亡くなったことを受け、明智がエラリークイーン、メグレ、ヘイスティングズを明智の所有する孤島に呼んで追悼の会を開くことになった。そこへポワロの2世を名乗る青年が現れ、さらに悪天候から何…

名探偵も楽じゃない 西村京太郎

●名探偵も楽じゃない 西村京太郎 世界が誇る名探偵、明智小五郎、エルキュールポワロ、エラリークイーン、メグレの4人が日本のミステリーマニアの会に招待される。その場に自ら名探偵だと名乗る左文字京太郎が現れる。その会場で連続殺人事件が発生。左文字…

イニシエーション・ラブ 乾くるみ

●イニシエーション・ラブ 乾くるみ 若い男女の恋愛を描いているが、ミステリーにもなっている15年ほど前に話題となった小説。前半(side-a)では大学生の男性の、後半(side-b)では社会人となった男性の恋愛を描くが、最後の最後で大どんでん返しが待ってい…

鬼平犯科帳 第8シリーズ #03 穴

●第8シリーズ #03 穴 口紅が人気の「壺屋」で不可思議な事件が起きる。店の主人が金倉に入ると中が荒らされ320両が盗まれていた。早速盗賊改方が調べに入る。しかし金倉は店の中にあり人目につき、奉公人にも怪しい者はおらず、錠前もしっかりとかかっていた…

きょうも涙の日が落ちる 渥美清

●きょうも涙の日が落ちる 渥美清 渥美清さんが書いた一冊。渥美さんが著者とされる本は2冊しかないので貴重な一冊。エッセイが3分の1、残りは対談。1970年から数年間の間に発表されたものをまとめているらしい。 若い頃に行ったアフリカ旅行の話が多く語られ…

魔法使いと最後の事件 東川篤哉

●魔法使いと最後の事件 東川篤哉 東川篤哉の魔法使いシリーズ4冊目。これで完結? いずれも「魔法使いと〜」の副題。 「〜と幻の最終回」 遺産目当てで人気作家である叔父を殺害した犯人。上手くいったように見えたが、叔父の助手である女性に殺害を疑われる…

カラット探偵事務所の事件簿2 乾くるみ

●カラット探偵事務所の事件簿2 乾くるみ シリーズ2作目の短編集。前作は6編だったが、今作は7編。 「小麦色の誘惑」 古谷の従兄弟の高校生が、兄たちと遊んだ際にハート型の日焼けができるイタズラをされる。その犯人を突き止めて欲しいと依頼される。ポイン…

七人の侍

●357 七人の侍 1954 野武士がある農村を襲おうとしているのを百姓の一人が聞く。皆で集まり相談、長老は侍を雇うことを提案。4人の百姓が街に出て腹一杯飯を食べさせる条件で助けてくれる侍を探す。しかし侍は見つからないまま10日ほどが過ぎる。その町で子…

ゾンビ ディレクターズカット版

●356 ゾンビ ディレクターズカット版 1978 ゾンビが町中にあふれパニック状態に。TV局での放送も混乱していた。局員のフラニーはスティーブンにヘリで脱出しようと誘われる。 SWATのロジャーとピーターは建物にこもる犯人たちとの銃撃戦に参加していたが死ん…

シックス・センス

●355 シックス・センス 1999 児童心理学者のマルコムは市から表彰されるほどの医師だった。妻と祝杯をあげている時、家に侵入者がいることに気づく。それは彼の昔の患者ヴィンセントだった。ヴィンセントは自分を治せてなかったとマルコムを責め、彼を銃で撃…

男はつらいよ お帰り寅さん

●163(再) 男はつらいよ お帰り寅さん 2019 初見の時のブログはこちら。このブログでは同じ映画を取り上げることはしないが、今回は特例ということで(笑 今回BSテレ東で放送されると知り、2週間前に48作を鑑賞、youtubeで劇場公開時の舞台挨拶やインタビュ…

さらば愛しき魔法使い 東川篤哉

●さらば愛しき魔法使い 東川篤哉 東川篤哉の魔法使いシリーズ3冊目。前作同様の4編からなる短編集。 いずれも「魔法使いと〜」の副題。 「〜と偽りのドライブ」 弟を使ってアリバイ工作をし浮気相手の夫を殺した犯人。全て上手く行ったように見えたが、ある…

鬼平犯科帳 第8シリーズ #02 瓶割り小僧

●第8シリーズ #02 瓶割り小僧 五鉄で彦十とおまさを相手に酒を飲んでいた鬼平は、おまさからノロ牛こと牛松のことを聞く。昨日10年ぶりにおまさはノロ牛に会った、ノロ牛は石川五兵衛の元で急ぎ働きをして稼いでいると話していたとのこと。別れた後ノロ牛を…

禁断の惑星

●354 禁断の惑星 1956 23世紀、連邦巡洋艦C-57-Dは地球から離れて1年、アルテア星に向かっていた。20年前ベレロフォン号が着陸したがその後連絡がないため、生き残りの捜索と救助が任務だった。アルテア星にいるモービアス博士から通信が入り、こちらは問題…

男はつらいよ 紅の花

●353 男はつらいよ 紅の花 1995 オープニング。とある駅にいる寅さん。駅員を兼ねた夫婦が新聞を読んでいる。尋ね人の欄には寅さんの名前があった。 さくらがとらやにやってくる。おいちゃんとおばちゃんは新聞の尋ね人にもう一度寅さんの広告を出すかどうか…

羊たちの沈黙

●352 羊たちの沈黙 1991 FBIの訓練生クラリスは上官に呼ばれ、連続殺人事件の犯人バッファロービル逮捕のため、囚人であるレクターへの面会を命じられる。 クラリスはレクターに会いに行きビル逮捕のための協力を求めるが断られる。しかしクラリスが去る際に…

カラット探偵事務所の事件簿1 乾くるみ

●カラット探偵事務所の事件簿1 乾くるみ カラット探偵事務所の探偵古谷と助手井上が関わった事件の記録の形をとる推理小説短編集。 「卵消失事件」 夫の浮気調査の依頼。夫が奇妙な行動をとり始めたという。浮気相手と思われる女とのメールのログから古谷が…

鬼平犯科帳 第7シリーズ #15 見張りの見張り

●第7シリーズ #15 見張りの見張り おまさが街で長久保の佐助と出会う。二人は昔一緒に仕事をした仲だった。おまさが今は小房の粂八と仕事をしていると言うと佐助は粂八に会わせて欲しいと願う。 粂八に会った佐助は杉谷の虎吉の居所を教えて欲しい、虎吉に伊…

魔法使いと刑事たちの夏 東川篤哉

●魔法使いと刑事たちの夏 東川篤哉 東川篤哉の魔法使いシリーズ2冊目。前作同様の4編からなる短編集。 いずれも「魔法使いと〜」の副題。 「〜とすり替えられた写真」 芸能プロダクションの社長が所属の俳優のスキャンダル写真で脅迫をして来た男を殺害。犯…

続・夕陽のガンマン/地獄の決斗

●351 続・夕陽のガンマン/地獄の決斗 1966 物語は3人の男、「無頼漢」トゥコ、「悪玉」エンジェル・アイ、「善玉」ブロンディによって進んでいく。 エンジェルは南軍が運んでいる最中に盗まれた金貨の行方を追っていた。エンジェルは男から逃げているジョン…

ウエストワールド

●350 ウエストワールド 1973 テーマパーク「デロス」へ行ってきた客のインタビューから始まる。皆デロスを楽しんできた様子がうかがえる。デロスは「中世」「古代ローマ」「西部」の3つのパークを持つ巨大娯楽施設。その時代の人間になりきって生活を楽しむ…

鬼平犯科帳 第7シリーズ #14 逃げた妻

●第7シリーズ #14 逃げた妻 盗賊改方は盗賊一味を捕らえるため盗っ人宿を強襲する。しかし一味の燕小僧は取り逃がしてしまう。陣頭指揮に当たった小林は鬼平に謝罪する。その時燕小僧の人相書きを同心三井が持ってくる。鬼平は三井を見廻りに同行させる。鬼…

魔法使いは完全犯罪の夢を見るか? 東川篤哉

●魔法使いは完全犯罪の夢を見るか? 東川篤哉 東川篤哉の新しいシリーズを読み始め。ここのところ真面目な映画や本が続いたので、気軽に読めるものを、ということで(笑 4編で構成される短編集。 いずれも「魔法使いと〜」の副題。 「〜さかさまの部屋」 死体…

哀愁

●349 哀愁 1940 1939年9月3日イギリスがドイツへ宣戦布告した日、ロイ大佐はフランスへ赴任する前にウォータールー橋へ立ち寄り、昔を回想する。 第一次世界大戦時、ロイはこの橋で空襲警報を聞く。そこで彼は踊り子マイラと出会い一緒に地下鉄へ避難する。…

本所おけら長屋 十三 畠山健二

●本所おけら長屋 十三 畠山健二 「とりもち」 だるま長屋の栄太郎が北森下町でうろうろしているのを大工の寅吉が見かける。栄太郎は同じ長屋に住むお明からとりもち屋お圭を紹介されて来たのだった。とりもち屋とは所帯を持ちたい人を相手に会わせてくれる今…

ライフ・イズ・ビューティフル

●348 ライフ・イズ・ビューティフル 1998 1939年ユダヤ系イタリア人のグイドは、友人で詩人のフェルッチョとともに都会に住む叔父の家にやって来る。フェルッチョは椅子作りの手伝いを、グイドは叔父がやっている店でウェイターとして働く。グイドは街でドー…

キッド

●347 キッド 1921 女性が慈善病院で子供を産み退院するが、身寄りのない彼女は路上に駐車していた車に手紙を添えて赤ちゃんを置き去りにする。2人組の泥棒がその車を盗むが、途中で赤ちゃんの存在に気づき、街中に捨ててしまう。浮浪者チャーリーが赤ちゃん…

映画館(こや)がはねて 山田洋次

●映画館(こや)がはねて 山田洋次 山田洋次監督が新聞や雑誌に発表したコラムやエッセイをまとめたもので、1972年から84年に掲載されたもの。 72年から84年というと、男はつらいよの第9作から34作までの期間。実際に「今、『男はつらいよ ◯◯作』を撮ってい…

本所おけら長屋 十二 畠山健二

●本所おけら長屋 十二 畠山健二 「しにがみ」 馬助は辻蔵親分に拾われた盗っ人。しかしドジばかりで辻蔵には盗っ人は無理だと言われていた。その辻蔵が死んで1年、馬助は立派な盗っ人になろうとしていた。 ある時馬助は湯屋で万松の二人が大家徳兵衛が金を隠…

かぐや様は告らせたい

●346 かぐや様は告らせたい 2019 同タイトルの漫画が原作の実写映画化。映画チケット、かぐやの病気、夏休みの花火大会、生徒会長選挙、のエピソードが描かれる。 原作漫画を何冊か読んでいたし、アニメも何話か観ているので気楽に鑑賞。ラブコメディという…