初秋の剣 大江戸定年組 風野真知雄

●初秋の剣 大江戸定年組 風野真知雄 町方同心の藤村慎三郎、三千五百石の旗本夏木忠継、町人の七福仁佐衛門はそれぞれ隠居をし、息子に家督を譲った。仲の良い3人は景色の良い家を探し、そこを「初秋亭」と名付け、隠れ家とすることに。しかしただ景色を観て…

リオ・グランデの砦

●501 リオ・グランデの砦 1950 リオ・グランデの砦に指揮官を務めるヨーク大佐が先住民討伐から戻ってくる。そこにはシェリダン将軍が待っていた。大佐は将軍から労をねぎらわれる。そして大佐の息子ジェフが士官試験に落ちたことを告げられる。 砦に新兵が…

ちどり亭にようこそ 〜彗星の夜と幸福な日〜 十三湊

●ちどり亭にようこそ 〜彗星の夜と幸福な日〜 十三湊 京都の仕出し弁当屋「ちどり亭」を舞台にした短編集の4作目にして完結編。店主花柚さんは20代半ば、毎週お見合いをしている。花柚さんに酔いつぶれた際に助けられた大学生彗太は店を手伝うことに。なぜか…

ローマの休日

●500 ローマの休日 1953 ローマを訪問中のアン王女は夜密かに屋敷から抜け出る。その頃新聞記者のジョーは友人たちと賭けトランプをして負けていた。夜の街を歩いていたジョーは道端で横になっている若い女性を助けるが、彼女が酔っており家が分からなかった…

若葉のころ

●499 若葉のころ 2015 女子校生バイは母親ワンとコンサートに。そこで母親は男性客を見つめていた。 バイは友人ウエンと仲良く過ごしていた。彼女たちをイエがいつも付いて回っていた。バイはピアノ教室の先生をしている母と祖母の3人暮らし。 リンは建築家…

アパッチ砦

●498 アパッチ砦 1948 サースデイ中佐が娘フィラデルフィアとアパッチ砦に指揮官として赴任してくる。彼はこの異動を左遷だと受け止めていた。旅の途中、中佐は同じくアパッチ砦に赴任されるオローク少尉と一緒になる。フィラデルフィアとオロークは恋に落ち…

古書カフェすみれ屋と悩める書店員 里見蘭

●古書カフェすみれ屋と悩める書店員 里見蘭 古書カフェすみれ屋は玉川すみれがオーナー、店の奥は古書店になっており店長は紙野頁。カフェに来た客の悩みを聞いた紙野がその客に一冊の本をオススメしながら、客の悩みを解決していく「古書カフェすみれ屋」シ…

トキワ荘の青春

●497 トキワ荘の青春 1996 トキワ荘の手塚治虫の部屋の向かいに寺田が住んでいた。寺田は手塚を訪ねてきた後の藤子不二雄コンビと出会う。手塚が留守だったため寺田は彼らの面倒をみることに。手塚がトキワ荘から引っ越し、藤子たちが住むことに。さらに漫画…

ちどり亭にようこそ 〜今朝もどこかでサンドイッチを〜 十三湊

●ちどり亭にようこそ 〜今朝もどこかでサンドイッチを〜 十三湊 京都の仕出し弁当屋「ちどり亭」を舞台にした短編集の3作目。店主花柚さんは20代半ば、毎週お見合いをしている。花柚さんに酔いつぶれた際に助けられた大学生彗太は店を手伝うことに。なぜか店…

突破口!

●496 突破口! 1973 田舎の小さな街で銀行強盗が発生。保安官や警備員との撃ち合いで犯人の一人は死亡、逃走用の車を運転していた女性も撃たれ瀕死の状態となる。犯人たちは乗り換え用の車の元へ行くが、女性は死亡。女性の遺体も含め車に爆薬を仕掛け、乗り…

初夏の訪問者 吉永南央

●初夏の訪問者 吉永南央 「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズ第7作。コーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」の76歳の女主人、杉浦草が主人公。彼女の周りで起きる問題を彼女が解決していく短編集。「初夏の訪問者」「蜘蛛の網」「ががんぼ」「遥かな水音」「風ささや…

リベンジ・マッチ

●495 リベンジ・マッチ 2013 TV番組がスポーツの世界でのライバルの特集をする。選ばれたのはボクシングのレーザーとキッドだった。二人は1982年のタイトルマッチで激突、キッドが勝利したが、2年後の1984年の再試合ではレーザーが勝利。決着の第3戦を世間は…

嵐が丘

●494 嵐が丘 1939 男性が吹雪の中、「嵐が丘」と呼ばれる屋敷に泊めてもらう。その夜男性は窓からヒースクリフを呼ぶ女性の声を聞く。それを屋敷の主人に話すと主人はキャシーと叫び吹雪の中、家を飛び出して行った。戸惑う男性に屋敷のメイドが過去の出来事…

ちどり亭にようこそ 〜夏の終わりのおくりもの〜 十三湊

●ちどり亭にようこそ 〜夏の終わりのおくりもの〜 十三湊 京都の仕出し弁当屋「ちどり亭」を舞台にした短編集の2作目。店主花柚さんは20代半ば、毎週お見合いをしている。花柚さんに酔いつぶれた際に助けられた大学生彗太は店を手伝うことに。なぜか店に入り…

刑事スタスキー&ハッチ 第1シリーズ #15 現金輸送車強盗団

●刑事スタスキー&ハッチ 第1シリーズ #15 現金輸送車強盗団 あらすじ スタハチは朝食をとるために入った店の常連客が来ないため彼のアパートへ行くことに。すると常連客は殺されており、彼は現金輸送車の警備員だったことが判明する。最近他の都市で発生し…

レナードの朝

●493 レナードの朝 1990 少年たちが遊んでいた。一人の少年レナードはベンチに自分の名前を切り刻む。しかしレナードは右手に違和感を覚える。学校で文字を書いていた時、右腕が効かなくなっていることに気づく。 1969年、セイヤー医師がブロンクスの病院に…

黄色い実 吉永南央

●黄色い実 吉永南央 「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズ第7作。コーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」の76歳の女主人、杉浦草が主人公。彼女の周りで起きる問題を彼女が解決していく短編集。「小春日和」「颪の夜」「宿り木」「帽子と嵐」「黄色い実」の5編。 草が…

ちどり亭にようこそ 〜京都の小さなお弁当屋さん〜 十三湊

●ちどり亭にようこそ 〜京都の小さなお弁当屋さん〜 十三湊 京都の仕出し弁当屋「ちどり亭」を舞台にした短編集。店主花柚さんは20代半ば、毎週お見合いをしている。花柚さんに酔いつぶれた際に助けられた大学生彗太は店を手伝うことに。なぜか店に入り浸っ…

折れた矢

●492 折れた矢 1950 1870年アリゾナ、サムは大佐に呼ばれツーソンへ向かっていた。途中行き倒れになりそうなアパッチの若者を見かけ、助ける。若者は回復しサムに別れを告げるが、その時アパッチたちが襲ってくる。若者のおかげで命は助かったサムだったが、…

ホット・ロック

●491 ホット・ロック 1971 ドートマンダーが刑務所から出所する。義弟のケルプが迎えにきていた。ケルプは早速ドートマンダーに盗みの仕事に誘う。獲物はブルックリン博物館に展示中の宝石「サハリの石」だった。中央バタウィの大使アムーサ博士から、その宝…

猫語の教科書 ポール・ギャリコ

●猫語の教科書 ポール・ギャリコ 編集者の元に届いた暗号のようなの原稿。ポール・ギャリコは解読し、それが猫による猫のためのマニュアル本だと知る。彼による翻訳文。 内容は、雌猫によりすべての猫のために書かれた「人間のしつけ方」や「人間の家の乗っ…

5分でドキッとする!意外な恋の物語 このミス編集部編

●5分でドキッとする!意外な恋の物語 このミス編集部編 『宝島社のショートショートシリーズから恋にまつわる物語を厳選』ということらしい。25編のショートショート短編集。 前に読んだ「5分で読める!ひと駅ストーリー 乗車編」が意外につまらなかった理由…

ゴースト/ニューヨークの幻

●490 ゴースト/ニューヨークの幻 1990 サムはモリーとの同居生活を始める。サムが勤める銀行での同僚カールも二人の引っ越しの手伝いをしていた。 ある日サムは不明な入金があることに気づく。その夜、サムはモリーと観劇をした帰り、強盗に襲われ射殺され…

テルマエ・ロマエⅡ

●489 テルマエ・ロマエⅡ 2014 前作から続き。皇帝は平和路線を取ろうとしていたが、元老院は強いローマ帝国を目指し、コロシアムでグラディエーターたちに残酷な戦いを強いていた。 ルシウスはグラディエーターや子供達のためのテルマエを作るように命じられ…

花ひいらぎの街角 吉永南央

●花ひいらぎの街角 吉永南央 「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズ第6作。コーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」の76歳の女主人、杉浦草が主人公。彼女の周りで起きる問題を彼女が解決していく短編集。「花野」「インクのにおい」「染まった指先」「青い真珠」「花ひ…

テルマエ・ロマエ

●488 テルマエ・ロマエ 2012 古代ローマのテルマエ設計士ルシウスは、新しいテルマエの設計のことで悩んでいた。ある時彼は突然現代の日本の銭湯へタイムスリップしてしまう。日本の銭湯の文化に驚く彼だったが、その後も日本の家庭風呂や浴室設備のショール…

痛快 山本周五郎テーマ・コレクション 山本周五郎

●痛快 山本周五郎テーマ・コレクション 山本周五郎 山本周五郎の小説の中から、「痛快」をテーマにしたものを縄田一男氏が選んだ短編集。以下の7編からなる。 「ひやめし物語」 柴山家四男の大四郎は古書好きでおおらかな性格。好きな女ができたが、四男では…

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密

●487 タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 2011 タンタンは骨董市で帆船ユニコーン号の模型を手に入れる。直後に男からユニコーン号に関わるなと忠告され、別の男サッカリンからは模型を売って欲しいと頼まれる。しかしタンタンは断り家へ帰る。アクシデント…

古書カフェすみれ屋と本のソムリエ 里見蘭

●古書カフェすみれ屋と本のソムリエ 里見蘭 古書カフェすみれ屋は玉川すみれがオーナー、店の奥は古書店になっており店長は紙野頁。カフェに来た客の悩みを聞いた紙野がその客に一冊の本をオススメしながら、客の悩みを解決していく「古書カフェすみれ屋」シ…

刑事スタスキー&ハッチ 第1シリーズ #14 恐怖の人質!真夜中のレストランジャック

●刑事スタスキー&ハッチ 第1シリーズ #14 恐怖の人質!真夜中のレストランジャック あらすじ 警察署で仕事を終えたスタハチはスタスキーのオススメのイタリアンレストランへ。しかしそこでは組織のボスを狙った殺し屋が2人いた。殺し屋たちはスタハチに気…