最後のひと葉 オー・ヘンリー ショートストーリーセレクション

●最後のひと葉 オー・ヘンリー ショートストーリーセレクション オーヘンリーの全8編からなる短編集。特に良かったものを2つ。 「最後のひと葉」 スーとジョンシーは同居する若い芸術家。ある時ジョンシーが肺炎にかかってしまう。スーは医者からは彼女が助…

北北西に進路を取れ

●384 北北西に進路を取れ 1959 広告会社に勤めるソーンヒルはホテルで打ち合わせ中に男2人組に拉致されタウンゼント邸へ連れて行かれる。わけのわからないソーンヒルはそこにいたタウンゼントに説明を求めるが、彼はソーンヒルをカプコンという男性と間違え…

本所おけら長屋 十五 畠山健二

●本所おけら長屋 十五 畠山健二 「はるざれ」 尾形清八郎がおけら長屋へやってくる。清八郎は島田の元の奉公先黒石藩の家臣で、以前おけら長屋の万松と吉原に行き、実家の下男の娘お葉と出会っていた(おけら長屋 五)。清八郎はお葉を身請けするための20両…

アラビアのロレンス 完全版

●383 アラビアのロレンス 完全版 1962 ロレンスの葬式のシーンからスタート。 イギリス軍少尉ロレンスはファイサル王子と接触し王子の考えを探り出すという使命を与えられる。ロレンスは王子に会いに行くが彼らはトルコ軍の攻撃を受けていた。王子は進退窮ま…

カラミティ・ジェーン

●382 カラミティ・ジェーン 1953 カラミティが駅馬車を護衛しデッドウッドの街へ帰ってくる。街の酒場では男たちがタバコの景品のカードの美女アデレイド・アダムズのことで大騒ぎしていた。それを知ったカラミティは面白くなく、友人のビルにギルマーティン…

断崖

●381 断崖 1941 箱入り娘のリナは列車でジョニーと偶然出会う。ジョニーは三等席の切符しか持たずにリナのいる一等席へ乗り込んでくる。差額を持っていなかったジョニーはリナから切符をもらい支払いをする。驚くリナだったが持っていた新聞にジョニーの写真…

賢者の贈り物 オー・ヘンリー ショートストーリーセレクション

●賢者の贈り物 オー・ヘンリー ショートストーリーセレクション オーヘンリーの全8編からなる短編集。特に良かったものを2つ。 「賢者の贈り物」 クリスマスを迎える若い夫婦。妻は金がないため夫へのクリスマスプレゼントに自分の自慢の長い髪を売って、夫…

顔のない男 北森鴻

●顔のない男 北森鴻 乾くるみさんの「蒼林堂古書店へようこそ」を読み、その中で短編集でありながらそれぞれの短編がつながっている、と紹介されていた一冊。 北森鴻の本は以前、香菜里屋シリーズを読んだことがある。自分のブログを調べたが、このブログを…

我が谷は緑なりき

●380 我が谷は緑なりき 1941 一人の男が50年の思い出とともに谷を去ろうとしている。彼の回想が始まる。 ヒューは両親、5人の兄、1人の姉とともに暮らしていた。父と兄たちは街の炭鉱で働いていた。 イボールの下は隣の谷のブロンが嫁に来る。二人はグリュフ…

團十郎切腹事件 戸板康二

●團十郎切腹事件 戸板康二 乾くるみさんの「蒼林堂古書店へようこそ」を読み、その中で「日常の謎」の元祖として紹介されていた一冊。歌舞伎界の老優中村雅楽が探偵役の短編集。18話の短編が収められている。 紹介にあったように「日常の謎」を楽しもうとし…

縛り首の木

●379 縛り首の木 1959 1873年モンタナ州黄金の道を金鉱目指し多くの男たちがやってくる。医師ジョーフレイルもその一人だった。彼は空き家を買い診療所にすることに。 金鉱で男が金を盗もうとしたところを山師フレンチーが見つけ銃で撃つ。怪我をした男は逃…

金田一耕助の冒険

●378 金田一耕助の冒険 1979 金田一耕助の元へ盗賊団の女首領マリアが不二子像を持ち込んでくる。これは金田一耕助が10年前に解決できなかった「瞳の中の女」事件の鍵となるものだった。これをもとに金田一は事件解決のために動き出す… 子供の頃に観た記憶が…

魔女のパン オー・ヘンリー ショートストーリーセレクション

●魔女のパン オー・ヘンリー ショートストーリーセレクション オーヘンリーの全8編からなる短編集。特に良かったものを2つ。 「魔女のパン」 マーサはパン屋を営む40歳の女性。毎日売れ残りの古いパン2つを買って行く中年男性が気になり始める。彼の指の汚れ…

鬼平犯科帳 第9シリーズ #02 一寸の虫

●第9シリーズ #02 一寸の虫 鬼平たちが盗人宿を見張っている。次々と盗賊が宿へ入っていくが、それを密偵仁三郎が確認していた。盗賊が全員集まったところで鬼平たちは踏み込む。捕り物の最中に盗賊のお頭、不動の勘右衛門が鬼平を短銃で狙う。それを見た仁…

人生は回転木馬 オー・ヘンリー ショートストーリーセレクション

●人生は回転木馬 オー・ヘンリー ショートストーリーセレクション オーヘンリーの全8編からなる短編集。特に良かったものを2つ。 「人生は回転木馬」 治安判事の元へ山から夫婦がやってきて離婚手続きをしたいと話す。判事は手数料5ドルを受け取り書類を作成…

眼下の敵

●377 眼下の敵 1957 第二次世界大戦中の南大西洋沖、アメリカの駆逐艦ヘインズが航行していた。乗組員は新しい艦長が素人だとバカにしていた。 レーダーが潜水艦を発見、艦長は直ぐに追うように指示。潜水艦はドイツのUボートだった。Uボート側でも駆逐艦を…

無頼の群

●376 無頼の群 1958 一人ジムがリオアラバの街にやってくる。この街では明日4人の絞首刑が実施される予定で、ジムはそれを見にきたと保安官に話す。 ジムはジョセファという女性に5年ぶりに再会する。二人はかつて恋仲だった。そこへシムズという死刑執行人…

ムトゥ 踊るマハラジャ

●375 ムトゥ 踊るマハラジャ 1995 ムトゥは主人ラージャに仕える召使いで皆の人気者。ラージャは叔父アンバラから従姉妹パドミニとの結婚を迫られているが本人に結婚の意思はなく、好きな芝居を観に行く毎日。 ラージャはムトゥと芝居を観に行くが、その舞台…

向田邦子ふたたび 文藝春秋編

●向田邦子ふたたび 文藝春秋編 向田邦子さんが亡くなられた2年後に出版された追悼本が文庫本化されたもの。 向田さんの愛猫のその後の様子や最後の旅行の前々日に部屋に呼ばれた友人の文章など「その時」や「その後」が非常にリアルに感じられる。もちろん著…

ラストサムライ

●374 ラストサムライ 2003 オールグレンはアメリカで数々の戦争で戦い抜いた勇者としてウィンチェスター社の銃を宣伝する立場にあったが、自分の意思とは関係なく戦わされ無抵抗の人間を殺したことを後悔していた。彼は日本軍を訓練する仕事を引き受け来日す…

大脱走

●373 大脱走 1963 ドイツ軍の捕虜収容所に大量の捕虜が送られてくる。彼らは何度も脱走を試みるため、ドイツ軍は一箇所に集め彼らを管理することにしたのだった。 捕虜たちは早速色々と仕掛けるが監視に見つかってしまう。そんな中の一人ヒルツは一緒に独房…

東京物語

●372 東京物語 1953 「東京家族」が今一つモノ足りなかったのでオリジナルを観ることに。 基本的に山田監督がオリジナルを忠実に再現させたことがよくわかる。なんでここまで同じにするのか、といったシーンも多い。祖父母が来ることで自分の勉強机が動かさ…

蒼林堂古書店へようこそ 乾くるみ

●蒼林堂古書店へようこそ 乾くるみ 林兄弟シリーズ第3作。14編からなる短編集。 ミステリ専門の古書店の店主が林兄弟の1人で探偵役?。高校の同級生、近所の高校生コンビ、そして月イチで来店する女性教師が常連でこの5名で「日常の謎」系の会話がされそれを…

スペシャリスト

●371 スペシャリスト 1969 駅馬車が盗賊ディアブロ一味に襲われるが、宿にいた1人の男が盗賊たちを倒す。しかし盗賊の頭だけは逃してしまう。男はハッド。ハッドは兄が銀行強盗の汚名を着せられ処刑されたブラックストーンの街へ行く。 街では駅馬車で助けら…

20年後 オー・ヘンリー ショートストーリーセレクション

●20年後 オー・ヘンリー ショートストーリーセレクション オーヘンリーの全9編からなる短編集。特に良かったものを3つ。 「20年後」 街を巡回中の警官が男に声をかける。男は20年ぶりに友人に会うと話す。警官が立ち去ると友人らしき男がやって来るが… 「改…

東京家族

●370 東京家族 2012 広島の島に住む平山家の年老いた両親が子供たち(長男、長女、次男)が住む東京へ出てくる。新幹線で品川に着いた両親を迎えに次男が車を出すが、間違えて東京駅へ行ってしまい、両親はタクシーで長男の家へ。 長男の家に兄弟が揃い皆で…

鬼平犯科帳 第8シリーズ #08 影法師

●第8シリーズ #08 影法師 忠吾が鬼平の肝いりで結婚することになった。相手は同じ同心吉田藤七の四女おたかであった。 婚礼が10日後に迫った非番の日、忠吾は遊女千代菊と遊ぶために店に向かっていたが、その忠吾を見て驚く浪人がいた。浪人は塩井戸の捨八と…

天岩屋戸の研究 田中啓文

●天岩屋戸の研究 田中啓文 前作に続く第3作にして完結編。 「オノゴロ洞の研究」「天岩屋戸の研究 序説二」「雷獣洞の研究」「天岩屋戸の研究 本論」の4編。 「オノゴロ」は古事記でイザナギ、イザナミが最初に産み落とした島の名前。「オノゴロ〜」ではさら…

六つの手掛り 乾くるみ

●六つの手掛り 乾くるみ 「林真紅郎と五つの謎」が面白かったので、同じシリーズの続編?を読む。探偵役は前作の真紅郎の兄弟、林茶父。 「六つの玉」 偶然一つの家に集まったお互いを全く見知らぬ5人。雪の降る夜、そのうちの1人が殺される。窓の外のツララ…

笑の大学

●369 笑の大学 2004 昭和15年秋。劇団笑の大学の座付作家椿一が新しい舞台劇の脚本の検閲を受けるために警視庁の検閲係向坂の元にやってくる。 1日目。笑いが嫌いな向坂は椿の脚本を認めない。食い下がる椿に向坂は、舞台を日本にし、登場人物を全て日本人に…